STAFF BLOG

<< もどる

「JAWS DAYS 2014 ~クラウドの波を起こす有志達が一同に集結~」へ参加してきました。#jawsug #jawsdays

2014年3月20日 木曜日  /  AWS イベント

こんにちは、与儀です。

先週の土曜日、東京で開催された下記のイベントへ参加してきました。JAWSDAYS2014

 

「JAWS DAYS 2014」とは、~クラウドの波を起こす有志達が一同に集結~とあるように現在全国に40支部以上もある、日本AWSユーザグループ(JAWS-UG)が一堂に集結する一大お祭りイベントです。事前の参加登録者数は1300人を超えて、当日会場は終始熱気であふれていました。(レキサスからは常盤木・下門・与儀の3名が参加しました。)

イベント当日、会場では7つのテーマに分かれたトラックでそれぞれのセッションが開催されました。

・Track1: ビッグトラック(大規模事例紹介&エンタープライズ AWS)
・Track2: Immutable Infrastructure
・Track3: AWS Technical Deep Dive
・Track4: テクニカルトラック
・Track5: ACEに聞け!
・Track6: iJAWS
・Track7: AWS SAMURAI & これで最強のAWSに

(各トラックの詳細はタイムテーブルにて。実際に使われたスライドも公開されています。)

 

中でも一番の賑わいを見せていたのが、前評判通り、ここ最近の注目キーワード「Immutable Infrastracture」トラックでした。一発目の伊藤直也さんのセッション「Immutable Infrastracture」では聴講人数多数のため、急きょ場所をビッグトラックへ変更する盛況ぶり。

JAWSDAYS2014-1

その後に続く同トラックセッションもすべて席が足りずに立ち見の人で溢れていました。クラウドだからこそ実現可能な概念・アーキテクトとしての「Immutable Infrastracture」や「DevOps」など、フロント/インフラエンジニアを問わず今最も注目されている技術動向・トレンドであるということを再確認しました。このように新しい概念が次々と生まれて、ダイナミックに変化していくところがこの業界・仕事の魅力の一つであると私は思います。とてもワクワクしますね!!

 

AWSのソリューションアーキテクト(SA)陣による「AWS Technical Deep Dive」トラックも、Deep Diveの名の通り、技術的にコアな部分を追求された内容で、大変勉強になりました。私が聴講したのは、下記の3セッションです。

 

「I/Oを極めろ! 」 I2インスタンスパフォーマンス
マルチキャストがないならユニキャストすればいいじゃない/ほしいプロトコルはカプセルすればいいじゃない
CloudFrontで実現するセキュアコンテンツ配信と効果のトラッキング

 

どれも普段の使い方ではあまり触れないような深い内容の検証・ベンチマーク結果が開示されており、AWSクラウドのアーキテクチャ部分を垣間見ることができました。クラウド、として普段はあまり意識しないで使っていますが、それを支える基盤技術がとても重要であることを再認識させらえるとともに、私がまだまだ勉強不足であることを痛感させられました。もっと技術力をつけて、AWSの魅力を最大限引き出せるようになりたいです。

 

各セッションが終了すると18時からは会場でそのまま懇親会、「今回もやります!アマゾン芸人の熱いLTバトル!A-1GP!」が始まります。えっ!!アマゾン芸人?? そんなポジションも存在あるとても不思議なJAWS-UG。。。前夜祭の行われた大阪・名古屋・仙台で予選を勝ち上がってきた猛者達によるLTバトル7連発です。(下記のクラスメソッドさんのまとめ記事が大変有用です。)会場の盛り上がりは異常でした。一応技術系イベントのLTではあるんですが、なんで皆さんこんなに面白い人ばかりなんでしょう!

 

写真と動画で綴る会場&懇親会(A-1 GP)レポート #jawsdays – JAWS DAYS 2014 参加レポート Vol.01
全Togetter&ブログレポートまとめ #jawsdays – JAWS DAYS 2014 参加レポート Vol.00

 

 

その後は、2次会。ここでも人が多すぎて入りきれません。。

JAWSDAYS2014-3

 

こうして、とても濃いJAWS DAYS 2014 は幕を閉じていきました。。

 

今回、私は運営スタッフとして、微力ながらイベントのお手伝いをさせていただきました。私がやったことといえば、当日会場で、弁当チケットや弁当の配布、担当セッションの質疑応答時のマイク持ち、などぐらいでしたが、これだけ大きなイベントをずっと前から企画して、何度も打ち合わせを行い、当日は1000人以上のお客さん相手に運営をするという運営スタッフの皆様(100名以上)には頭が下がる思いでいっぱいです。(スタッフTシャツGETしました。↓)

JAWSDAYS2014-2

 

また、イベント前夜に沖縄からの参加を決意して、チケット購入、弾丸ツアーで参加した大学生の栄野川さん(ブログ「JAWS DAYS 2014に参加してきました!」)もすごいですね。まさに、「人生変えに来い!ハイテンションな「JAWS DAYS 2014」の見所」の記事のように、JAWSイベントには人を惹きつける魔力と人生を変える力があるのかもしれません。

 

私がJAWS DAYSへ参加するのは今回が初めてでしたが、JAWS-UGの持つ団結力・パワーに何度も圧倒されました。過去にも何度か当ブログなどでも書いていますが、JAWS-UGは有志で集まったAWSのユーザグループコミュニティに過ぎないはずなのに、なぜこんなにも強烈な人々が集まるのか、なぜこんなにも人々は惹きつけられるのか、とても不思議でなりません。今まで見たことのない新しい形のコミュニティを形成しています。それは現在、クラウドのデファクトスタンダードであるAWSに対する興味・関心・期待の高さの現れに他なりません。そしてその期待に応え続けて進化し続けているAWS。AWSやっぱすごい、JAWS-UGやっぱすごい。この言葉に尽きました。

 

イベント中には本当に多く方々と出会うことができました。北は北海道から南は九州・沖縄と、日本全国各地から集結している猛者ばかり。出会った方々が口をそろえて言っていたのが「今度、沖縄行きたい、行きます」、「今度のJAWS-UG沖縄行きます」、「7月予定のハッカーズチャンプルーは行きたいですね」ということでした。

 

そうです、4月25-26日には、Cloud on the BEACH2014 と題して、前夜祭やら勉強会やらビーチパーティやらの第7回? JAWS-UG沖縄勉強会が開催されます。皆さん、ぜひぜひご参加ください!!沖縄へ遊びに来てください!!

ご相談・お問い合わせはこちらまで レキサススタッフ
Webからのお問い合わせ
TEL 098-921-3800 平日 10:00-18:00
ページのトップへ

ご質問やご相談・お見積もりなど、まずはお気軽にお問い合わせください

お電話でのお問い合わせ

098-92103800 レキサスクラウドお問い合わせダイヤル 平日9:30-18:30

フォームからお問合せ

お問い合わせフォーム

営業担当

スタッフからのメッセージ(レキサスクラウド)

レキサスはデータセンター/クラウド提供の他、自社Saasサービスの運用ノウハウを活かしたフルマネージドサービスが強みです。開発からサーバ運用、アプリ保守ならレキサスへお任せください。首都圏でのお打ち合わせも可能です。お気軽にお電話くださいね。

沖縄のサービス企画&スマートフォン開発なら株式会社レキサス